お笑い牧師・田崎敏明Blog

アホな記事、真面目な記事、取り混ぜてお届け中。

「教会に行くのが苦痛なんです。今は行けてないんです…」

「教会に行くのが苦痛なんです。
今は行けていないのです」
という、実に多くの方々と、よくお話をします。
昨晩もそうでした。それは、
私の性質からして、そうなのかもしれません。


それは、分からない方には分からない
問題なのかもしれません。
「不信仰です」
「人を見ないで神様だけを見たらいいのよ」
とおっしゃる方もいるでしょう。
しかし、そんな簡単な問題ではないのです。
 
私がそういう方々と話をする機会が多いのは、
私も同じような経験をしたからではありません。
私は幸い、良き教会生活を送らせていただきました。
しかし逆に、私は牧師になってから、
今考えると、昔は信徒の方々を縛りつけるような
言動をしていた男だからです。
神様はそのことに気づかせてくださったことを
本当に感謝しています。


ですから、
「うちの牧師は、こういうことをして、
私たち信徒を縛るんです。
カルト的な教会なんです」
という相談を受けると、
「本当にごめんなさい、
私も昔はそのようなことしていた…」
と、代わりに謝りたくなるのです。


ですが、信徒を縛る 
(本人はそう思っていない。
導いてあげていると信じている) 
牧師さんたち、カルト的な指導者がいるのは
現実のことです。そして信徒の方が
「牧師さんの言うことに従えない自分は
不信仰なのかしら…」
と苦しくなって行く…。
(もちろん、問題の原因が牧師だけではない
ケースも多々あります)


ただ、最近、そのような苦しみをお持ちの方々と
話をしていて示されているのは、
今、神様はそういう問題に
メスを入れてくださろうとしているということ。


その問題を解決し、これまで離れていた方々が
教会に復帰できる時が近づいていると
思わされているのです。
 昔の自分の恥を語りながら、
皆さんとそのためのスイッチを求めて祈っています。

私が「この毛生え薬、効くぜっ」と言ってもダメだろう。それと、同じように…

私が、
「この養毛剤は、よく効くよ!」
と言っても、何の説得力もないだろう(涙)


何を言うかではなく、実際どうなのかが大切だ。
口先と、実態にやっていることが違うことを、
Wメッセージという言い方をするらしい。
 
「ゲームばかりしてないの!」
と子供を叱る親が、自分はスマホばかりいじっていたり…


「思い煩いは全て神様にお委ねいたしましょう」
と説教している牧師が、心配事で円形脱毛になったり…


「お前、タバコなんか吸うな!」
と息子に言う親が、プカプカとタバコを吸っている。
 
Wメッセージを減らして、自然体で、
ありのままのメッセージを発せるようになりたい。


綺麗ごとを相手に一方的に語るよりも、
「一緒にがんばってみよう」
「実は私も…なんだ」
と、包み隠さず語りかける方が良い。

失敗の中にこそ、宝がある。倒れても、タダでは起きるな!

記者がエジソンに質問した。
 「あなたは電球を発明するために
1万回の失敗をしたそうですね?」
するとエジソンは答えた。
 
「私は一度も失敗はしていない。
1万個の"この方法ではダメだ"ということを
発見しただけだ」
 
失敗の中にこそ、"宝"があるのだ!
倒れても、タダでは起きるなっ! 
"宝"を掴んで起き上がれっ!!

見よ、失敗だらけのこの私は、
たくさんの"宝"を持っているっ!←ま、負け惜しみじゃねぇ…


【聖書の言葉】
「正しい者は七たび倒れても、また起き上がる。」

恋の10戒

人気の上馬キリスト教会のtwitterより
(拝借許してねっ)


若い人達には、参考になるのかも。
 
【モーセ恋の十戒】
・こまめにLINEする
 ・うそはつかない
・飲み会終わりには必ずLINE
・記念日を大切にする
 ・変化を褒める
 ・何もない日のプレゼント
 ・時には紳士に
 ・初心を忘れない
 ・ごめん、ありがとうを言う
 ・ちゃんと想いをモーセ


これは恋人同士以外にも適用できることかも。

 牧師の仕事は大変なのか?

「牧師の仕事は大変なのです」
とおっしゃる方が時々おられる。


そういう方は、
この世に大変でない仕事などないのだ
ということを知らない牧師さんなのだろうか。


By毒舌太郎