お笑い牧師・田崎敏明ブログ

「訪問牧師」もやっています。病院、施設、家庭、無牧の教会での説教奉仕、お祈り、相談等々、お呼びいただければ、どこでもお伺いいたします。

訪問牧師、東北~東京の旅の写真

今週は、東北から東京にかけて旅しました。
訪問牧師として最初の旅かな。
写真以外の方々とも、いろいろな方々とお会いし、
ざっくばらんにお話したり、お祈りしました。


東京では、北原怜子ゆかりの、
カトリック潮見教会も訪れました。
彼女が働いていた戦後の蟻の街にあった
十字架を見るために。
今、その十字架は、潮見教会の玄関にある。
当初は彼女を白い目で見ていた
浅草のヤクザのオヤジ達も、彼女の言葉ではなく、
その行いをみて、イエスキリストを信じて、
クリスチャンになって行った。

 

 

子供たちから学ぼう…

あるお母さんが、浦島太郎の絵本を、
子供に読み聞かせしてあげた。
すると子供は言った。
「どうして竜宮城の絵が書いてあるの?
♪絵にも書けない美しさ♪のはずだよ」


国語のテスト
「次の漢字を読みなさい」
子供の答
「はい、よみました」


ある幼稚園の先生、子供から言われた。
「先生、仕事しないで、
僕たちと遊んでばかりいて、大丈夫なの?」


素直な心、子どもたちから学ぼう。

雨でも、雲の上はハレルヤ

新しい一日です。今日も全ての方の上に、
 神さまの恵みがありますように。


聖書の言葉
「天の父(神さま)は、
悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、
正しい人にも正しくない人にも
雨を降らせてくださるからです」


皆さんの処、今日の天気はいかがですか?
もし雨が降っていたとしても、
雲の上はいつだって晴れています。


禿げでも…あっ、雨でもハレルヤです。(ベタな…笑)


ハレルヤとは、
聖書の時代の言葉で、
「神様に感謝しよう」という意味です。

お金=平安ではない

ピカソの絵は難解だ。
しかし、そのピカソが、
「大金持ちになって、貧乏人のように暮らしたい」
という、実に分かりやすい言葉を残している。


「金持ちになっても平安はありません」
などという説教は、私はしません。
なぜって?  なったことないから。
本当にそうなのか分からない。


でもね、お金持ちの社長さんと話した時のこと。
社長曰く。
「このご時勢、何かあって、お金を失ったら
どうしようと考えると、寝れない時もある。
従業員たちの生活もこの肩にかかっているし…」


やはり、心の平安とお金は、イコールではないようだ。