牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

アブラハムも、妻のサラも、人間的にはひどい人だった…

キリスト教からもユダヤ教からも、
「信仰の父」
と崇められているアブラハム。
しかし、酷いこともした人でした。


飢饉のためエジプトにくだった折には、
妻のサラがとても綺麗な女性だったので、
自分はエジプト人に殺されるのではと思い、
サラを自分の妹と嘘をつきました。
結果、サラは宮廷に召し出され、
王の妻になります。
そのおかけで、王は神様からひどい災難を受けます。
アブラハムのせいです。


しばらくしてからのこと。
サラは子供ができなかったので、
自分の女奴隷のハガルを夫アブラハムに与え、
ハガルによって、自分の子を得ようとします。
しかし、ハガルは妊娠すると、サラを見下すようになります。
するとサラは、アブラハムに、
「あなたのせいだっ」と食ってかかるのです(笑)


どうしようもない夫婦です。


しかし、神は彼らを祝福し、
アブラハムは多くの国民と父となるのです。
アブラハムについて、聖書には


「彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」
(創世記15:6)


とあります。


一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村