牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

聖書の「あなたがたは、世の塩です」の意味。

徳川三代将軍家光が、家臣の大久保彦左衛門に、
「世の中で、一番まずい食べ物は何か?」
と問うたら、彦左衛門は、
「それは塩でございます。
一口なめたら、もう後は食べられません」

と答えたそうです。


続けて家光が、
「それでは、世の中で一番美味いものは何か?」
と問うたら、
すると彦左衛門は今度はこう答えたそうです。
「それもまた塩でございます。魚でも何でも、
塩をつけると美味くなります。
米も、塩さえあれば美味く食べられます」

と。塩は、それ自身は地味な存在かもしれませんが、
その実、天下一の引き立て役、名脇役なのです。
暑い夏、スイカにも塩を一振りすると、
甘さが倍増するものですね。


イエス・キリストは、
「あなたがたは、世の塩です」
と語られましたが、
そういう意味も含むのかもしれませんね。

(田崎著「こんな本」より)

「そうかもなぁ」と思ったら、
ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村