牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

大友宗麟を通して、伝道小説執筆中です。

自著「日向(ひなた)の大友宗麟 もういっぺん」
が出来た…表紙がっ! 
中身はまだ、400年の時空を超えて
よみがえってしまった宗麟が、うちの教会に来て、
うちの妻から
「宗麟さん、
あなたずいぶんと奥さんを泣かせたそうじゃない」
と怒られているところまでしか出来ていないが…。


その昔、大分のキリシタン大名はであった宗麟は、
キリスト教の理想郷を築くために、
ここ延岡の無鹿にやって来ました。
私の牧師室の窓から正面に見える
川向こうの地がその無鹿です。
その所で実にいろいろなことがあり…。
そのことを通して、伝道小説を書こうとしています。


昨日のこと。近くの町に住むという一人の青年が
突然フラッと来て、
「入っていいですか」
と言って教会に入って来た。


彼は、大友宗麟やキリシタンにとても興味があるという。
今私が宗麟物を書いていることなど知らないはずの彼なのだが。
いろいろと語り合い、そしてまたフラッと帰って行った。
も、も、も、もしかして宗麟が青年の姿を取って、
本当に来たんじゃないよね。私の執筆具合を確かめに…。
そういえば彼は、
「信長公はキリシタンには寛容だった」
と、えらく褒めていたなぁ…