牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

雨が降っていても、雲の上はいつもハレルヤ…とか

新しい一日です。今日も全ての方の上に、
神さまの恵みがありますように。


聖書の言葉
「天の父(神さま)は、
悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、
正しい人にも正しくない人にも
雨を降らせてくださるからです。」


今日も延岡は、地味~~な雨ですが、


雲の上はいつだって晴れています。


禿げでも…あっ、雨でもハレルヤです。(ベタな…)

ハレルヤとは


ヘブライ語で「主を賛美しよう」とか


「主に感謝しよう」という意味です。


日本語的には、


「神様を真心からたたえよう」という感じかなぁ。