牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

蟻の街のマリア、北原玲子…彼女の言葉ではなく、態度と笑顔によって、強面男たちもイエス様を信じていった。


蟻の街のマリア…北原玲子(さとこ)さん。
戦後、ホームスレスの人たちが共同生活した、
蟻の街で、子供たちの世話をした女性。
(カトリックの尊者になっている)
彼女は、シスターでもなく、雄弁に聖書を語ったのでもない。
ただいつも笑顔でみんなに仕えていた女性。

 


そんな彼女の日々の姿を見ていた、
ヤクザ上がりの男がイエス様を信じてクリスチャンになりました。
また、クリスチャンの偏狭さと偽善を激しく批判していた男も、
同じくクリスチャンになっていったのでした。
彼女は29才の若さで天に召されています。
この写真にもある蟻の街の教会の十字架が、
今はカトリック塩見教会にあるという。ぜひ、見に行きたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。