牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

年相応に、という前向き。

昨日は市内に教会案内を配りに行きました。
もうけっこう暑い。

若い頃は、5階建てのアパートでも、
一番上まで駆り上って、
一軒一軒のドアに投函したものだ。


今は、そんなことしたら…死んでしまう(笑) 
今は、 一階の階段横のポストに入れさせてもらっています。
何事も年相応のやり方というものがあります。

世の中では「若い方が良い」という思考がありますが、
それもまた心狭き思考です。
実は、年を重ねた方が、
新しいことを生み出せる能力が
高まっていくように思います。


若者にはできないが、
年配者なら出来る働きが
たくさんあるものです。