牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

「正しい人」ばかりだと争いが起こり、「悪い人」ばかりだと平和だ。

「自分が絶対正しい」という人ばかりだと争いが起こる。
「自分が間違っている時だってある…」
という柔軟な人が増えると、争いが減ると思います。


「正しい」人ばかりだと争いが起こる。
「悪い人」ばかりだと、実は平和…なのです。


★ある子どもの作文から

・・・・・・・・・・・・・
「うちの家はみんなが悪い」


きょう私が学校から帰ると、お母さんが、
「お兄ちゃんの机を拭いていて金魚鉢を落として
割ってしまった。もっと気をつければよかったのに、
お母さんが悪かった」と言いました。
するとお兄ちゃんは
「僕が端っこに置いたから、僕が悪かった」
って、言いました。
でも私は思い出しました。
きのうお兄ちゃんが端っこに置いたとき私は
「危ないな」
って思ったのにそれを言わなかったから、
私が悪かったと言いました。
夜、帰って来てそれを聴いたお父さんは
「いや、お父さんが金魚鉢を買うとき、丸い方ではなく
四角い方にすればよかったなあ。お父さんが悪かった」
と言いました。そしてみんなが笑いました。
うちはいつもこうなんです。
うちの家はいつもみんなが悪いのです。
・・・・・・・・・・・・・・