牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

私のブログへのご意見のメールについて、いろいろと…

私はこの通り、ブログ、またfacebookに、
いろいろいと思うところを正直に書かせてもらっています。
当ブログがブログ・ランキング第一位ということもあってか、
実に、いろいろなご意見をメールにていただきます。


「ブログを書き続けて来て良かったなぁ」と思える、
嬉しいメールもあれば、
ご批判のメールもいただくこともあります。
それは、世の常のことです。


嬉しいメールは、もちろんこちらも励みになり
とても感謝します。


たまにいただく、ご批判のメールですが、
こちらの方は、おおまかに言って、
以下の3つほどの共通点があるようです。

1、クリスチャンの方からのメールである
2、どのような方なのか全く分からない匿名でのメールである
3、返事を書いて送ろうにも返信できない、
  なりすまし、嘘のメール・アドレスを使ってのメールである。
  (メール・フォームから送信してもらっています。
  現在はメール・アドレスが正しく記入されていないと 
  送信できない設定にさせていただいております。)
  
それもそれで、
「まっ、そんなもんだろうなぁ…」
と思います。それも世の常です。
「クリスチャンのくせに…」
などとは思いません。
"クリスチャン"とは、別に人格が優れた人のことを
言うものでもないからです。


別にいいんですが、でもやはり、そういうメールは、
そのご意見の内容がどうのこうのという以前に、
とても軽く思えてしまいます。