牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

親の愛と、神様の愛

「…保よ、おまえは地獄へ行け。
わしも一緒に行ってやるから。
それで、わしも村越様と世間の人にお詫びをする…」


これは、昭和時代におこった「吉展ちゃん誘拐事件」の
犯人・小原保のお母さんの手紙の言葉です。
これが、親心です。


・・・・・・・・・・・・・
たとえばこのお母さんのように、
もし自分の子供が過って罪を犯し、
死刑となったとします。しかし、
もしその親が子供の代わりに死刑を受ければ、
その子供に更生の道が与えられるとしたら、
親というものはどうするでしょうか?
親は子供に、これからは全うに生きるように諭した後、
子供の代わりに自らの命を差し出すことでしょう。
もちろん、実際にはどこにもそのよう法はありません。


・・・・・・・・・・・・・・
神様は私たちの天の父です。
その神様は、正にそのことをなさったのです。
私たちの罪の罰を、十字架にはりつけになることによって、
身代わりとなって受けてくださったのです。
それがイエス・キリストなのです。
それによって私たちには新しい時間と、
新しい生き方が提供されました。
・・・・・・・・・・・・・・
福音をわかり易く、
日常会話のように書いた小冊子
「目からタケノコ」(A6 P24)
もうすぐ発売。乞うご期待!(一部300円)