牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

塩気の効いた人生を

徳川3代将軍家光が、家臣の大久保彦左衛門に、
「世の中で、一番まずい食べ物は何か?」
と問うたら、彦左衛門は、
「それは塩でございます。
一口なめたら、もう後は食べられません」
と答えたそうです。


続けて家光が、
「それでは、世の中で一番美味いものは何か?」
と問うたら、
すると彦左衛門は、今度はこう答えたそうです。
「それもまた塩でございます。
魚でも何でも、塩をつけると美味くなります。
米も、塩さえあれば美味く食べられます」と。


塩は、それ自身は地味な存在かもしれませんが、
その実、天下一の引き立て役、名脇役なのです。
これから暑い夏が来ますが、
スイカにも塩を一振りすると、
甘さが倍増すものですね。

イエス・キリストは、
「あなたがたは、地の塩です」と語られましたが、
そういう意味も含むのかもしれませんね。


人の徳を高める、
塩味の効いた、それでも甘みのある、
そんな言葉を使いたいものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。