牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

「しかしイエスは」という聖書の御言葉が、魂に支えを与える!

「しかし」という言葉は、
否定的に使われることの多い言葉です。
「何かやりたいことがある。しかし、できない」
という風になります。


聖書の中には、
「しかし、イエスは」
という言葉が随所に出て来ます。
その場合の「しかし」は、
逆に、肯定的な意味となります。


「私は弱っている。もうダメだ…
しかしイエス様は、こういう時にこそ、
私を助けてくださる。」


「今、大きな問題が目の前にある。
しかしイエス様は、これを益と変えてくださる」


今、
「しかしイエスは」という聖書の御言葉を、
暗誦しましょう。
ほら、もう出来たでしょう!


しかし、イエスは…
しかし、イエスは…


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村