お笑い牧師・田崎敏明ブログ

「訪問牧師」もやっています。病院、施設、家庭、無牧の教会での説教奉仕、お祈り、相談等々、お呼びいただければ、どこでもお伺いいたします。

自分を100点として人を見ると、人を裁いてしまう。

イエス・キリストは、
「人を裁いてはいけません」
と語られました。
裁くとはジャッジすること。
スポーツならば、適切なジャッジが必要ですが…。


イエス・キリストがジャッジしてはいけない、
そう語られた意味は、
自分のものさしで人を計ってはならない
…ということでしょう。


人のものさしはそれぞれ違います。
たとえば、
ある金持ちにとっては、10万円など、
ほんの紙切れでしかないかもしれません。
しかし、私にとっては大金です。
同じ10万円でも、人のものさしによって、
その見方が違うものです。


人はたいがい、
自分を100点として人をジャッジしがちです。
ですから、人をみな自分よりも下に見がちです。


聖書には、
「人を自分よりも優れた者と思いなさい」
とも書いてあります。
ですから、たとえば自分を50点として、
人を見るぐらいが、
ちょうど良いのではないでしょうか。


人を見下げる生き方ではなく、
下から人を見上げる生き方の方が
素晴らしいのです。
そんな生き方を心がけています。


さぁ、今日も
「さばいていいのは魚だけっ」
ですぞっ。


以上、30点牧師がお伝えしました。