牧師・田崎 敏明のアホ徒然日記

初めて聞いた人にも分かるように、
日常用語で、聖書の話を伝える働 きをしている牧師です。
時折、アホなことも書いておりますが、
まっ気楽に読んでみてっ。
コメントも、もらえると嬉しいです!

「私のような弱い者はどうしたら救われる?」

「私のような弱い者はどうしたら救われる?」
 遠藤周作著「王の挽歌」の中で、大友宗麟が、
 妻の奈多夫人にそう問う場面があります。

大友宗麟は九州の半分以上を支配した、
 名のある大名でした。しかし、実際は、
 事あるごとに逃げ出すお殿様でもありました。
ある時、城内から宗麟がいなくなり、
 家中は大騒動。結果、海岸端の小さな小屋の中で、
おびえている姿で発見されました。
 原因は、奥さんの奈多夫人から、浮気の数々や、
 日頃の行状を叱責され、
怖くなって逃げ出したとの通説も。
そんなぁ…と思うかもしれませんが、
いろいろ調べてみると、さもあらんという感じがします。
たぶん実際そうだったのでしょう。
 偉そうにしてても、奥さんが怖くて、
 家出する九州の支配者!(笑)
それ以外に立場から責任の重圧から逃避行して、
 酩酊、遊興にふけっていた時もあるようです


年を重ねると、地位のある方、名誉のある方、
お金もある方々とも親しく接っする機会も多くなる。
そして、そういう方々を知って思うのは、失礼ながら
「たいしたことない」
ということです。(もちろん私自身もです) 
 尊敬する部分も多々あり、見習いたいとも思います。
しかし、人は皆総じて、欠けのある、弱さのある者たちです。
その所をちょっと突っつかれると、倒れてしまう者たちです。
ですから、人は必死に自分の弱さを隠そうとします。
それは、あくまでも「逃げ」でしかありません。


そしてその後、大友宗麟は、
イエス・キリストの元へと駆け込んだのです。
それは逃げたのではなく、身の避け処、
まことの隠れ場を知ったのです。


・・・・・・・・・・・
「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
 私のところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。」
イエス・キリストの言葉

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。