牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

愛するということは、嫌いな人を好きになろうと努力して、凹むことではない。

「私は全人類を愛する。
しかし、隣のおやじだけは嫌いだ。」
という台詞が、ある本に出てくるそうです。
うけるっ(笑)


「恋が終わる時、愛が始まる」
と誰かが言ってた。
あっ、これも本論ではない(笑)


ともかくとして、
愛するということは、好き嫌いとは違う。
たとえ嫌いな人、
自分とは絶対に合いそうもない人のことも、
大切な存在なんだと思う気持ち、
それが愛の一面であると思う。


あなたが嫌いなあの人も、
その人の家族からとっては、
居なくてはならない、愛する人なのだ。
大事な夫であり、父親であり、
息子、娘なのだ。大切な存在なのだ。
誤解を招く書き方かもしれないが、
あのナチスの兵士達も、
家族にとって大切な愛する家族だった。
そして、彼らもまた
自分の家族を愛していたのだ。


日本に「愛」(Love)という言葉が
入って来た初期においては、
Loveという言葉は、日本語では、
「大切にする」と翻訳がされたそうです。
私たち日本人には、その言葉の方が、
心にピタッと来るかもしれない。


★よかったら、一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村