牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

教会に行って、イエス・キリストは本当に敵をも愛した男だったと知った。


私は、高校生の頃にイエス・キリストという男の


「あなたの敵を愛しなさい」


という言葉に触れた。その時、
この通りとても純真な私は(?!)こう思いました、


「このイエスという男は、そう言う以上は、
自分も、敵を愛した男だったのだろう、スゲェなぁ~」


と。そして23歳で教会に通い始めて、
確かにそうだったことを知った。
イエス・キリストは、十字架につけられた後も、
十字架上から
自分を嫉妬して十字架にかけた人々を見下ろしながら、


「父よ(神さま)、彼らをお赦しください。
彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」


と、その人たちのために祈られたのです。
それと知って、私はクリスチャンとなり、
私自身「敵をも愛する者」を目標として、生きている。


★よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ