牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

「生き方が芝居に出る」(高倉健)

貫禄のある健さんの言葉ですね。
どんなに立派なこと言っていても、
実際はどうなのかです。


その人の本質がよく分かるのは、
その人が失敗した時なのかもしれません。
そこでどういう態度を取るのか…


人は失敗するものです。
そんな時でも、
私たちを愛し続け、支え続けてくださる、
イエス・キリストを信じていると、
心強いのです。

試験に落ちたけど…そこにあった本当の神様からの恵み

もうずいぶん前になるのだけど、
教会に来ていたEは、
インドネシアからの留学生で、
 教会の近くの高専で学んでいました。
 日本に来て、まず日本語から勉強したのに、
 学校での成績は一番でした。
 性格もとても良い子でした。



そのEが、東京の国立大学への
編入試験を受けたのです。
それも推薦枠での受験でした。
 私は、彼は学力も優秀だし、
 性格もいいし、
その上推薦での受験ですから、
 合格間違いなし…と、私の頭の中では、
すでに彼の合格は、既成事実とさえなっていました。



しかし…
合格発表当日、別の生徒が私に、
 「先生、Eが落ちた…」
と電話して来たのでした。
 私はしばらく、本当に言葉が出ませんでした。



次の日、彼が住む寮に行きました。
Eはこう言いました。
 「先生、ボクは悲しいです」


しかし、彼はそれに続けてこう言ったのです。


「でも神様に感謝しています。
ボクは成績がいいので、
 他の日本人の学生を心の中でバカにしていました。
 試験に落ちて、そのことを反省しました。」


と。そして、彼は、2,3週間後の
 その同じ大学の一般の編入試験を受けました。
そして、なんと推薦で落ちていたのに、
 一般編入試験に見事に合格したのです!


神様は、その辛い経験を通しても、
Eにへりくだりの大切さを
教えてくださったんですね。

クリスマス会の子どもたちへのプレゼント募集。ご協力ください。

 冬の到来の予感を、
なぜかまず頭のてっぺんで感じ取っている田崎です。
クリスマスもいよいよ近づいてきました。


 恒例の 延岡東海教会のクリスマス会は、
今年は12/16(土)夕4時から6時の予定です。
 
今年また、子どもたちへのプレゼントを
募集いたしました。
昨年も沢山の素敵な物を持って来ていただいたり、
送ってもらい、
クリスマスに参加した子どもたちも大喜びでした。
 
本年もご協力のほどお願いできれば嬉しいのです。
開拓教会、貧乏教会のため、
どうぞ皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
送ってくださる際は、どうぞ着払いにてお送りください。
 
最終的な包装、パッキング等はこちらの方でいたしますので
包装なしの物でもけっこうです。
 伏してお願いいたします!!


882-0015
宮崎県延岡市水尻町216-7
延岡東海教会  田崎敏明
0982-30-1085

「狭き門から入れ」という教えは、実は寛容なる教え

「狭い門から入りなさい」
とイエス・キリストは語られました。
救いに至る門は狭いと言うのです。
ある人は、
イエス・キリストってケチだなぁと言われるかもしれません。


でもそうではないのです。
元々は、私たちの前には
救いに至る門そのものがなかったのです。
どこからも、どうもがこうとも、
そこに入ることができなかったのです。
私たちは自らの罪のために、
救いに至ることが出来なかったのです。


しかし、
イエス・キリストを信じるならは救われるという門を、
与えてくださったのです。
その門は狭いとしても、
その門を通って私たちは救いの中に
入っていくことが出来るのです。
(私は身長180センチあるけど、通れた…
いや、そういう問題ではない) 


ハレルヤ。




12/6(水)のお昼、東京プレヤーセンターにてお話をします。

東京プレヤーセンター
(東京 御茶ノ水クリスチャンセンター404号)では、
365日、毎日お昼に礼拝会が持たれています。
その12月分のメッセンジャーの一覧表です。
おっ、おお!、
なんと12月6日(水)のメッセンジャーは、
田崎敏明、お、俺じゃん(笑)


というか、
「12月に東京に行くので、私にもメッセージさせて!」
と駄々を捏ねていたら、
スケジュールを変更して私を入れてくださいました。
本当にお騒がせな男ですが、
そのご厚意に厚く感謝いたします!


しかし、と、ということは、
も、もしも当日誰も来なかったら…こ、怖いっ(笑)
誰か、田崎を助けると思って
当日時間があったらぜひお越くださいっ!!!!!
田崎、一生の…2生…3…5生のお願い!!


★12/6(水) お昼12:15~12:45までです。(歓談タイム12:45~13:30)