牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

ダイエットなんて、別にお金をかけなくとも、簡単に出来るっ!

私に言わせれば、ダイエットなんて、
別にお金かけなくても、
簡単に出来ることだ。


体が消費する以上の不必要な
カロリーを取らなければ良いだけのことだ。


間食をやめれば、簡単に痩せられるのだ。


私は、12月中に2キロ体重を落とすことにした。
間食をやめることにした。


し、し、しかしだ、


こういう時に限って知り合いから、
とてもてとも美味しい饅頭が送られて来て、
2個もパクリと食べてしまった…。
言うは易し、行うは…。(涙) 
人には偉そうに説教できぬ。


でも、そんな愚か者の格闘の中にこそ、
人生の妙があるのかもしれない。


★そんな田崎にエールをっ!
よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



年を重ねるのもまた、素敵なことだ

★昔、毛糸の帽子を被ったおじいさんを見て、
「頭が寒いんやろなぁ」
と、心の中で笑っていた。
今、朝起きて一番にするのが、
毛糸の帽子を被ることだ…。



★久しぶりに行ったレストラン。
なんか年寄り用のメニューが増えていた。
世相であろう。
妻は…その「年寄り用」と思われるメニューを、
さっさと注文していた…。 
えっ、私? 私はハンバーグを注文した。子どもかっ!


★倉庫から籐の椅子を部屋に持って来て使っている。
とても、くつろぐ。
朝、靴下を履く時、
この椅子に座って履いたらどんなに楽だろうなぁと、
年寄りじみたことを考えている。
いやいや、頑張って立ったまま履いている。
朝、妻がその椅子に座って、靴下履いていた…。


★昔、誕生日を迎えると
「ああ、○○年生きたなぁ」と思っていた。
今は、
「ああ、あと○○年生きるんだなぁ」と思う…。


★もうすぐクリスマスだ。
今年の教会のクリスマス会は、
地べたに座り、みかんを食べながら、
お茶でもすすりながら、のんびりやるつもりだ。
日本人だし…。


★昔、ステテコ一枚で
外を歩いているおじいさんをよく見かけた。
「私は、ああはならないぞっ」と思った。
今は…あっ、そこまではしていない(笑)


★よかったら、一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

暗闇の中に光る灯火。

「光は闇の中に輝いている。
やみはこれに打ち勝たなかった」(ヨハネ1:5)


クリスマスまでひと月を切りましたね。
クリスマスは、イエス様の誕生をお祝いする記念日。
華やかな日です。


しかしその一方で…


許嫁であったマリヤの処女妊娠に、
心痛めるヨセフの男心は…。


イエス様(メシア)誕生の報に、危機を感じた王は、
ベツレヘムの幼き男児をみな、殺してしまった。
その若き母親たちの苦しみは…。


クリスマスの日こそ、一年の中で一番、
孤独を感じる人々が多いという…。


人生は、辛く悲しいものだ。
テレビ・ドラマのように綺麗にまとまるものでもない。


しかし、そんな中にある灯火…イエス様。
イエス様を見つめて歩く時、
安心して悲しみ苦しみ、全てを委ねて生きることが出来る。
悲しみの時にでも、心深くでは、
いつも喜んでいられるのだ。


主イエス様に、ハレルヤ!


★よかったら、一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


加川良 新譜CD 「みらい」


少し早い、自分への誕生日プレゼントは、
加川良さんの新譜「みらい」。


新譜と言ってもオリジナルは一曲で、
後は人様の唄のカバー。
だけど、全てが
加川良の唄になってしまっている(笑)
なんかThe 加川良な一枚。
縦揺れではない、
横揺れ、前後揺れのロック。


てか、何、このパーカッション…凄過ぎるっ…


40年以上、聴き続けられるシンガーいるって、
幸せなのかもしれない。


以前、良さんにギターストラップに
サインしてもらった。
そこに書いてくれたのは、
「欲しいのは水。」


欲しいのは水… 欲しいのは水、水、水…

★よかったら、一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

クリスチャンも、教えの風に吹き回されたり、かき回されたりしないように気をつけよう。

「それは、私たちがもはや、子どもではなくて、
人の悪巧みや、人を欺く悪賢い策略により、
教えの風に吹き回されたり、
波にもてあそばれたりすることがなく…」
(聖書 エペソ4:14)


キリスト教界にも、入れ替わり立ち替わり
「新しい教えの風」が吹きまわる。
海外からの舶来品も多い。
そのたびに、
「○○先生の教えは素晴らしい」
と信奉者が起こり、
ネット上でも、盛んにその○○先生の教えを触れ回る。


でも、わりとそういう方って、しばらくすると、
今度はまた別の先生の教えに惹かれて、
それまでの教えをいとも簡単に捨て、
ひどい時は批判さえして、
今度は△△先生について行く…
そういうケースをこれまで数多く見て来た。
確かに、「吹き回され」ている。


クリスチャンたちよ、必要以上に
教えの風に吹き回されたり、かき回されたりせず、
しっかりと、イエス様の言葉に、
イエス様の愛に、留まっていよう。


幸い、私・田崎の信奉者は、ただの一人もいない(爆)
★よかったら、一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村