牧師・田崎 敏明の信仰徒然

初めて聞いた人にも分かる言葉で、福音を伝える。
キリスト教会用語ではなく、
普通の日本語で福音を伝える働 きをしております。ぜひご支援ください!

そんな働きの中で感じたことを、ありのまま綴っております。

女子高生の新鮮な感覚には、絶対に習うべきだ。

「最近彼氏から、ラインでもメールでも返事来ないし
…ボブ・ディラン状態」


どなたかが、facebookで、
女子高生の、そういう会話を投稿されていました。


「ボブ・ディラン状態」って、新鮮な言葉ですね。


「最近の若者の言葉遣いは…」
と、ブツブツ言っているよりも、
そんな女子高生の新鮮な感性に習いたいものです。


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


#女子高生 #ボブ・ディラン 



ボブ・ディランは、ボブ・ディランさっ

「受賞するかって? もちろんさ」
(If I accept the prize? Of course.)」


ボブ・ディランが、
ノーベル賞受諾の意向を伝えたそうです。
当初、「受諾しないのでは…」という憶測も流れ、
「それがディランだっ」という意見も
たくさん流れました。


でもねぇ、時代は変わるのです。
ディランも、そりゃあ変わるのです。
もしかしたら、ディランは、
別に変わっていないのかもしれないし。
超変わり者ではあるけど、
いいおっちゃんなのかもしれない。。


吉田の拓郎ちゃんも、
「おれ、本当はアイドルになりたかったんだっ」
と、今は正直に言ってるし。それでいいのだ。
その拓郎はディランのことを、
「彼は心の奥に何かを強く持ってるんだけど、
それを生涯、人には明かさないんじゃないか」
と言っています。


「ガキじゃあるまいし、そんな物、いらないよっ」
と言っても、それがディランだし、
「もうガキじゃないから、ありがたくいただくよ」
と言っても、それがディランだし。
ディランが、「ノーベル賞は素晴らしい」
と言ったという報道もある。それが本心であろうと、
アレだろうと、それがディランだし…。
それでいいのだ。


人様のことを「こうでなくてはいけない」
「ああでなくてはいけない」と
勝手に決め付けるなよ。
ディランはなにがあろうと、ディランさ。


「♪はじめてあなたを聴いたのは
16,7の時だった
歌うというより吠えていた
深い悲しみの固まりが」
(「ありがとうディラン」by豊田勇造)


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



#ボブディラン

『親は黙っていてください』

近くの小学校の学校通信に、
『親は黙っていてください』
というタイトルの文章が載っていました。
それは、中学校の校長を務めた方の文章でした。


たとえば、子供と教師と親の3者面談。
教師が子どもに質問して、
子どもが考え込んで、答えられないと、
すぐに親が、
「それは……よねぇ、○○ちゃん」
と口を挟む…。


時間がかかってもいいから、
ちゃんと子どもに考えさせ、
とゃんと自分で答えさせるようにしましょう…
と、その元校長は語っておられました。
確かに! と思わされます。

聖書では、神様と私たち人間は、
親と子の関係と説いています。
神様は何でもできます。
私たちのために、すぐに何でも出来る方です。
でも、子に対する愛のゆえに、
しばらく、あえて手を出さない時、
あえて黙っておられる時が
あるのかもしれませんね。


しかし、それも「愛」ゆえなのです。


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



「しかしイエスは」という聖書の御言葉が、魂に支えを与える!

「しかし」という言葉は、
否定的に使われることの多い言葉です。
「何かやりたいことがある。しかし、できない」
という風になります。


聖書の中には、
「しかし、イエスは」
という言葉が随所に出て来ます。
その場合の「しかし」は、
逆に、肯定的な意味となります。


「私は弱っている。もうダメだ…
しかしイエス様は、こういう時にこそ、
私を助けてくださる。」


「今、大きな問題が目の前にある。
しかしイエス様は、これを益と変えてくださる」


今、
「しかしイエスは」という聖書の御言葉を、
暗誦しましょう。
ほら、もう出来たでしょう!


しかし、イエスは…
しかし、イエスは…


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


「愛するとは、何かをしてあげることではありません。」

ジャン・バニエ著『小さき者からの光』
(あめんどう発行) p29 、p30より抜粋


愛するとはどういうことでしょうか。
愛するとは、何かをしてあげることではありません。
なぜなら一心に何かをしてあげても
相手を踏みつけることがありますし、
こちらの行為を見せつけることによって、
あなたには価値がなく、役に立たない
人間だと感じさせてしまうことがあるからです。
愛するとは、その人の存在を喜ぶことです。
その人の隠れた価値や美しさを、
気づかせてあげることです。
その人に向かって、
「あなたが生きていることは素晴らしい。
私はあなたが生きていて幸せです。
あなたの存在をとても喜んでいます。
あなたは大切な、価値ある人です。」
ということを伝えるのです。


人は愛されて初めて、
愛されるにふさわしいものになります。
そして何かができるようになります。
積極的になります。
愛されることによって、
人はこの世界で何かを果たすことができるのです。


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村