お笑い牧師・田崎敏明Blog

アホな記事、真面目な記事、取り混ぜてお届け中。

いつどんな時でも、まず「自分はどうか」を考えよう。

先生
 「なんでこんなこと理解できないかなぁ。
私が君たちの頃は、もっと理解してたぞっ。」


 生徒
 「その頃は、いい先生がいたんですね」 

いつも、「自分はどうなのか?」と、

真摯に考えることが出来る者でありたいね。


 【聖書の言葉】
「自分こそ知者だなどと思ってはいけません。」
(ローマ人への手紙12章16節)

アクセス急増加中。ブログランキングポイント最高値更新っ!

なんかこのところアクセス数、急増加中!
ありがたいですし、嬉しいですっ!!
ブログランキングポイントも、
昨日は最高値を更新!!
 何があったんだっ笑


私は、40年間ほど、クリスチャンとして、
また牧師として歩んでくる中で、
 気付いたこと、考えさせられたこと、
そういうものが心の内に沢山あるので、
その発信のために当ブログをやっております。

多くの方々に読んでいただけること感謝です。

私個人の意見ゆえ、中には、
 当然お気にめさない投稿もあるでしょう。
けど、それは世の常で当然のことです。

お気に召さない投稿は軽く読み飛ばしつつ、
どうぞ、これからもよろしくですっ!

人の言葉なんかに傷つくな。聞き流せっ!

「人の語ることばにいちいち心を留めてはならない。」
と、聖書に書いてあるのです。
(聖書 伝道者の書7:21)


なんか不思議な気がするかもしれません。
でもこの「いちいち」がキーワードですね。


「心を留めるな」ではなく、
 「いちいち心に留めるな」。



人の言葉に支配されると、
 自分自身が不自由になります。
あなたの大切な時間を無駄にしてしまいます。


人はあなたの立場や事情など分からなくて、
 好き勝手を言うものです。
いちいちそれらの言葉に
心乱さず、聞き流すことも大切ですね。

PS: 昨日、(上記の理由で)
「私は最近はもう、人の言うことは聞かない
ことにしている」と言ったら、
「えっ、最近は…ですか?  昔から…」
と言われた(笑)

「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない人 は持っているものまでも取り上げられる。」と聖書に書いてある。

聖書には、
「だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、
持たない人 は持っているものまでも
取り上げられる。」
(マタイ25:29)と書いてあって、
 
「お金持ちばかりがますます私服を肥やし、
わしら貧乏人には
もっと貧乏になれということでごぜぇますかっ、
お代官様!」
と訴えたくなる聖書の言葉です。

でも、神様がそんなことするはずはない…と思って、
いつもその言葉の真の意味を求めていました。
たとえば、「感謝する心」という主語で、
この言葉を読むと、その真意が分かりやすいものです。
感謝する心を持っている人は、
さらに感謝すべきことに目を留め、
周りの人にも良き影響と癒しとを与えます。


一方、いつも人様の悪口をいい、
否定的なことばかりを探している人は…
ということではないでしょうか。

【実録 女性からのプロポーズのことば】

【実録 女性からのプロポーズのことば】


①あなたの子供よっ
②わたし 本当はお金持ちなの
③母と一緒に同居して
④わたし決めました。あなたも決めてください
⑤結婚するか別れるか、どっちかにしてよ
⑥わたしの青春返してよっ
⑦結婚しないと殺すっ
⑧はっきりしてよっ
⑨来たけりゃ来れば
「プロポーズの言葉』(日本生命編 飛鳥新社)より。

さすがに女性からのプロポーズはストレートやなぁ。
この本には、もちろん男性からのプロポーズも
たくさん載ってるけど、男性は基本アホだから、
男性からのプロポーズの言葉は、
突っ込みどころ満載の言葉だらけ(笑)


さて、「聖書」というものは、ある意味、
神様からあなたへのプロポーズの言葉集。
人間のプロポーズは成功したくて必死で、
少しは作り物もあるかも(笑)
しかし、この神様からあなたへのプロポーズは、
100%真実っ!!!