牧師・田崎 敏明のアホ徒然日記

初めて聞いた人にも分かるように、
日常用語で、聖書の話を伝える働 きをしている牧師です。
時折、アホなことも書いておりますが、
まっ気楽に読んでみてっ。
コメントも、もらえると嬉しいです!

あなたに、大事な質問があります!

・・・・・・・・・・・
【質問】
あなたのパソコンでも、
「神の啓示」と打つと、
「髪の毛維持」と出ますか?
・・・・・・・・・・・


他の人の目撃情報によると、
以下が報告された。


紙の刑事
↑めっちゃ、頼りなさそう(笑)


 髪の毛意地
↑私の髪の毛に足りないのは意地だっ。
すぐ落ちてしまう…


神の刑事
↑めっちゃ、取り調べ厳しそう!(笑)
取調べ中、「カツ丼」ではなく、
「暗誦聖句集」が出そう…


一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

アブラハムも、妻のサラも、人間的にはひどい人だった…

キリスト教からもユダヤ教からも、
「信仰の父」
と崇められているアブラハム。
しかし、酷いこともした人でした。


飢饉のためエジプトにくだった折には、
妻のサラがとても綺麗な女性だったので、
自分はエジプト人に殺されるのではと思い、
サラを自分の妹と嘘をつきました。
結果、サラは宮廷に召し出され、
王の妻になります。
そのおかけで、王は神様からひどい災難を受けます。
アブラハムのせいです。


しばらくしてからのこと。
サラは子供ができなかったので、
自分の女奴隷のハガルを夫アブラハムに与え、
ハガルによって、自分の子を得ようとします。
しかし、ハガルは妊娠すると、サラを見下すようになります。
するとサラは、アブラハムに、
「あなたのせいだっ」と食ってかかるのです(笑)


どうしようもない夫婦です。


しかし、神は彼らを祝福し、
アブラハムは多くの国民と父となるのです。
アブラハムについて、聖書には


「彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」
(創世記15:6)


とあります。


一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

心をほぐしてくれる言葉たち その1


「もし天国に一つだけ何かを持っていけるとしたら、
何を持って行きますか?」
の問いに、おじいさんはこう答えました。
「花束です。久しぶりに妻に会えるから」



テレビで、「熊が家の中にまで入って来た」
というニュースをやっていました。
その家のご主人が、インタビューに答えて言いました。
「最初は妻かと思ったけど、よ~く見たら熊でした」



あるパソコン教室の案内の言葉。
「同じことを百回聞かれても、笑顔でお答えします」



「どんな顔をしているの お母さん
きれいでやさしい顔かな
でも そんなことどうでもいいの
みにくくてもいい きらいなかおでもいい
わるい人でもかまわない
かおをみせにきて いますぐに」



「本当はこんなこと言いたくないけれど…」
と言う内容は、本当は一番言いたいこと。
「誤解を恐れずに言うなら…」
は、すでに心の中で誤解を恐れている。



本当に頭の良い人とは、どんなに難しいことでも、
小学生が理解出来るように話せる人。



神は、どんなことがあっても、
あなたを愛することを止めない。



北風って、南半球では、暖かな風。


(田崎著「こんな本」より)


ちょっと心がほぐれたら、
下のランキングバナー、
ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


「私は神学をやっています」と言う牧師への違和感。

お医者さんは、わざわざ、
「私は、医学をやっています」
とは言わないだろう。
小説家も、わさわざ、
「私は、文学をやっています」
とは言わないだろう。
言うまでもない、当たり前のことなのだ。


同じくらい、牧師が神学やるのは
当たり前ことなのだと思う。


問題なのは、
神学をやることなのではなく、
そこで得たものを、
どう分かり易く、皆に伝えることができるのか
そちらの方なのだと、私は思う。


お医者さんでも、医学で得た知識を、
私たちにも分かり易く説明してくれると、
とても有難いではないか。


一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

みんなっ、Take heart だぜっ!

今日も、延岡東海教会のスズメの
チュン太が書いてますっ。
今日は、うさぎのバニラ君と2人でお留守番です。

田崎牧師は、宮崎市での牧師会にお出かけです。
教会が属するグループの九州教区の牧師会だそうです。
田崎牧師が立場上、段取りしたみたいですが、
実際は、田崎牧師は、ペーペーの下っ端牧師。


「今回は、重鎮揃い踏みの牧師会なので、
ハラハラドキドキだよ」


とか言ってたよ。でもそう言う割には、
別に平気そうな顔して出かけて行ったけどねぇ~(笑)


あと、2月の頭にも、別の牧師会が、
うちの延岡東海教会であるらしいのだけど、
「あっ、そっちはボチホチでいいから、楽なんだ」
とか言ってた。いいのかよっ!


さて、今日は、みんなに聖書の言葉をプレゼントするよ。


" In this world you will have trouble. But take heart! "
(ヨハネの福音書16:33)


「みんな、今日もいろいろと問題はあるだろうけど、
元気をだそうぜっ! 神様がついておられるぜっ!
 Take heartだぜっ!」


↑って、昨日、田崎牧師が、英語分かるふりして説教してた(笑)


一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村