牧師・田崎 敏明のアホ徒然日記

初めて聞いた人にも分かるように、
日常用語で、聖書の話を伝える働 きをしている牧師です。
時折、アホなことも書いておりますが、
まっ気楽に読んでみてっ。
コメントも、もらえると嬉しいです!

「神がすべてのことを働かせて益としてくださる」

「神がすべてのことを働かせて益としてくださる」
"All things work together for good."(ローマ8:28)



3年ほど前に、開拓伝道から教会堂を取得した直後、
私は見事に燃え尽きてしまいました。
身体と心がしばらく、うまく動きませんでした。
昔の私は、他の牧師さんのそういうことを見聞すると、
「フンっ、牧師ともあろう者が燃え尽きてて、
どうするんだよぉ」
と内心思っていた男だったのにです。


今だ決して現状回復ではありません。
しかし妻や周りからは、
「今ぐらいがちょうど良い。前みたいに元気過ぎると、
周りが大変だから」
という有難~いお言葉をいただいております(笑)  


それで、
「まっ、じゃあ、このペースでいいか」
と思っています。
その当時は、もちろん心は焦るばかりでしたが、
焦りながらも、心の奥底では、
「いや、神がすべてのことを働かせて益としてくださる」
という聖書の言葉を握りしめていました。
そして、確かに今となっては、
良き体験をさせていただいたと思っています。
実にいろいろなことを考えさせらけ、
また理解し、気づき、反省する貴重な時でありました。
感謝です。

ブログ・ランキング参加中。よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


山村の小さな教会…

「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。」
(マタイ16:18)


★もう30年ほど前のこと。当時神学生だった私は、
山奥に伝道に出かけました。
するとそこに一軒の教会がありました。
あまり手入れや清掃も行き届いていないような教会でした。
まだ若く信仰的に高慢盛りだったその時の私は、
『ここの牧師はちゃんとやっているかっ』
などと不遜な思いを持ちました。
若気とはいえ、今考えると本当に恥ずかしい話です。


しかし、そのような山奥の集落で、
たとえ数人であっても、
毎日曜日に教会に集まって礼拝が捧げられていることが、
どんなに神様の目に尊いことなのかを、
今は理解できるようになりました。


★そして数年前、2年間ほど、日之影という、
やはり山村にある教会で
日曜日礼拝会の説教奉仕に通わせていただきました。
その教会の牧師は、その処で一途に70年以上
伝道されて来た城尾マツという女性牧師(97才)です。
「最近、やっと村の人たちが、
教会のことを少し認めてくれるようになった…」
との言葉に、涙がこぼれました。


ブログ・ランキング参加中。よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



お正月の初笑い話。

昨日の元旦から、年賀状を書き始めている…遅っ。


妻に、
「おっ、今年の年賀状の切手の柄は、鳥の自撮りだ」
と言ったら、怪訝そうな顔をしていた。


「自撮り(じどり)」

「地鶏(じどり)」
と聞いてしまったらしい。
確かに、ここ宮崎県は、炭焼き地鶏が名物だが…(笑)


写真では、自分のうわべ形を確認できる。
聖書を読むと、
現在の自分の心の有り様を確認することが出来る。

「ですから、あなたがたは、すべての悪意、
すべてのごまかし、いろいろな偽善やねたみ、
すべての悪口を捨てて、生まれたばかりの乳飲み子のように、
純粋な、みことば(聖書の言葉)の乳を慕い求めなさい。
それによって成長し、救いを得るためです。」
(1ペテロ2:1ー2)

ブログ・ランキング参加中。よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

2017年、「感謝」

「すべての事について、感謝しなさい。」
(聖書 一テサロニケ5:18)


何でもかんでも感謝しなさいというのではない。
感謝できないこともある。


「環境がどのようであっても、
感謝深くあり、感謝をささげなさい」
(詳訳聖書)


ということだ。
それをキリスト・イエスにあって神は望んでおられる。
この一年を感謝し、また新しい年も、さらに感謝をささげる!


ブログ・ランキング参加中。よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

ありがとう2016年、そして2017年!

本日大晦日は、私にとっては、誕生日でもあります。
59歳。来年は還暦の年です。
還暦とは、 元の暦に戻るという意味です。
いわば、


「さぁ、もういっぺん!」


という感じ。
この年になると、
やっと少しは何かが分かって来る。
これまでの経験を生かして、
これからまた、いや、これからこそ
牧師業にも励んで行きたいと思います。


ブログ・ランキング参加中。よかったら、
一日ワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ