牧師・田崎 敏明のアホ徒然日記

初めて聞いた人にも分かるように、
日常用語で、聖書の話を伝える働 きをしている牧師です。
時折、アホなことも書いておりますが、
まっ気楽に読んでみてっ。
コメントも、もらえると嬉しいです!

私は今、どんな風を、どんな香りを、周囲に放っているのだろうか…

ある夫婦が、ペットショップに行った。
そこには可愛いミニブタがいて、
あまりの可愛さに、奥さんが、思わず
そのミニブタに、「ふ~」と息を吹きかけた。
するとそれまでおとなしかったミニブタが、
突然ブヒ~と騒ぎだしたのだ。
すぐに横にいた旦那さんが、言った。

「そんなかわいそうなことすんなよ。
お前さっきトンカツ食べたばかりだろう…」


トンカツ食べたら、トンカツの香りがする。
カレー食べたら、カレーの香りがする。


内にあるものが香りとなって、風となって、
周囲に放たれ、影響する。


私は今、どんな香りを、
どんな風を放っているのだろうか?


あなたはどうですか?

嫌いな人がいても良い、合わない人がいても良い…愛してあげることだ

「私は全人類を愛する。
しかし、隣のおやじだけは嫌いだ。」
という台詞が、ある本に出てくるそうです。
うけるっ(笑)

愛するということは、好き嫌いとは違う。
たとえ嫌いな人、
自分とは絶対に合いそうもない人のことも、
大切な存在なんだと思う気持ち、
それが愛の一面であると思う。


あなたが嫌いなあの人も、
その人の家族からとっては、
居なくてはならない、愛する人なのだ。
大事な夫であり、父親であり、
息子、娘なのだ。大切な存在なのだ。
誤解を招く書き方かもしれないが、
あのナチスの兵士達だって、
家族にとって大切な愛する家族だった。
そして、彼らもまた
自分の家族を愛していたのだ。


日本に「愛」(Love)という言葉が
入って来た初期においては、
Loveという言葉は、日本語では、
「大切にする」と翻訳がされたそうです。
私たち日本人には、その言葉の方が、
心にピタッと来るかもしれない。

体の病、そして心の病

たとえば癌などの肉体的な病気だと、
人は皆その人のことを心配して、
労わるし、優しくする。


しかし、これが心、精神的な病気だと、
それに対して、人はわりと冷たかったりするものです。
近づこうとしなかったりもします。そして、
「なまけているだけだ」
などと言う人たちもいる。信仰者の場合は、
「信仰が足りないからだ」
とか言う人たちもいる。
「私、あの人の前では薬が飲めないんです。
信仰があるなら、
薬なんか飲むなって言われるから…」
と言っていた人もいたなぁ。

しかし、肉体のものも、心のものも、
同じ「病気」なのだ。
本人の行いや意思にかからわず、
誰だってなるものなのだ。


ずいぶん前だか、
「わたしは病気なんですから、
もっと優しくしてくださいっ」
と当事者から言われて、私も目が開かれ、
そして私自身も一度倒れてみて、今は、よく分かるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・
専門用語、難しい言葉無用で、
日本人が聞いただけで分かるように
聖書の福音を伝える…
そのような活動をしております。
いろんな所へ出かけられるように、
どうぞご支援ください。
また、伝道冊子「目からタケノコ」
の無料大量配布のためにも、
ご支援をお願いいたします。
★銀行口座 
宮崎銀行 祇園町(ぎおんまち)支店 
23553 タサキトシアキ
・・・・・・・・・・・・・・・・

イエス様は、犯罪者と共におられる

誰かがを犯罪を起こす。
一斉に激しい批判が起こる。
ひどい言葉で批判が始ます。
それはごく当然のこと。


でも、誰だってその人と同じ環境、
状況に置かれたら…
私だって、あなただって…
もしかしたら…と思う。


そんな犯罪者にも、人知れない悲しみと、
深い葛藤があるものなのだ。

エス・キリストはその犯罪者とも、
共におられる…。


そんなこと言ったら、
私も批判されるかなぁ…なぁ、バニラ…

・・・・・・・・・・・・・・・・
専門用語、難しい言葉無用で、
日本人が聞いただけで分かるように
聖書の福音を伝える…
そのような活動をしております。
いろんな所へ出かけられるように、
どうぞご支援ください。
また、伝道冊子「目からタケノコ」
の無料大量配布のためにも、
ご支援をお願いいたします。
★銀行口座 
宮崎銀行 祇園町(ぎおんまち)支店 
23553 タサキトシアキ
・・・・・・・・・・・・・・・・

運がいいとか悪いとか、確かにあるけど

♪運がいいとか 悪いとか 人は時々 口にするけど
そういうことって 確かにあると 
あなたを見てて そう思う♪
(さだまさし 「無縁坂」より)

私も、現実社会において、
確かにそういうことってあると思う。
運がいいことは、
ただ神様のお恵みだとへりくだり、
運が悪いことは、不運と諦めず、
私に必要な学びをするためだとへりくだる…
それが信仰者の姿なのだと思う。