インターネット教会 (牧師 田崎敏明)

キリスト教の信者の方でも、信者でない方でも、共に励まし合うためのインターネット教会です。

ただ話を聞いて欲しいだけなのに、すぐに説教を始める人達

他人の言葉ひとつで、

問題が全て解決することって、
そうそう、ありません。
 人もまたそれを期待して
相談して来るわけでもありません。
人それぞれが抱えている問題は、
それぞれの持ち場、立場でいろいろと複雑です。

人が相談して来る時は、

解決を期待して来るよりも、
ただ話を聞いて欲しくて来るものです。


"解決してあげなくては…"
 "何かいい言葉をかけてあげなくては…"
と思っていると、
かえって相手を傷つけたる言葉を
発してしまったり、
 相手を苦しめる態度を取ってしまうもの。


人は皆、お互いに、
 「聞き上手」になれたらいいですね。

たまには自然に溶け込んでみよう

延岡東海教会は、
前には大きな川が流れ、
後ろは、猿や猪や鹿やむじなたちもいる山があり、
近くには、海もある、良い場所です。

たまには、自然の一員として、
自然の中に溶け込んで、
ボーとする時間を持つのも大切ですね。


自然の中に身をおくと、
神をさらに身近に感じる。

今日も、近所の子どもたちが教会に遊びに来た

今日も近所の子供達が遊びに来た。


私は自分の部屋で仕事していたら、


「田崎さ~ん、ライブするから
こっちに聞きに来て」


と言われ教会堂へ。
子どもたち、ギター叩きながら、
台所の摺り棒をマイク代わりにして
ライブが始まった(笑)


♪生まれて10年たちました~♪


♪友~ 今君が~ 見上げ~る空は~

こっちだって忙しいのに、頼まれ事をされた時

私は、人から何か頼まれごとをした時に、
どうしても物理的、時間的に無理な時は別として、
基本的には、まず
「はい」
と返事するように心がけている。
その理由は…


①私も人に何かを頼む時に、
 「はい」と言ってもらえると本当に助かる。
 頼み事とはそういうものだ。
 人にして欲しいことは
自分もそうしろとイエス様から教わっている。
だから人から頼まれた時は、
まず
「はい」
と返事する。


②人生は自己研鑽でもある。頼まれたら、
 「はい」と返事して、
後から後悔したり苦労したりしながらも、
クリアして行く。その醍醐味は嫌いじゃない。



さて、自分の仕事を忙しくしている時に、
人から頼まれる頼まれ事。
『面倒くさいなぁ』と思う頼まれ事。
『こんな忙しい時に俺に頼むなよ…』
と思う頼まれ事。
実はそういう頼まれ事こそ、
神様があなたに与えられている、
 本当の成すべき仕事なのかもしれない。

本当は、牧師という肩書きで仕事するようじゃダメなんだけど…

還暦記念に書いている「ろくまる」。
4月中には完成させるつもりだったのだが、
今だ書き続けている。今月中には何とかしたい…。

この「ろくまる」では、
私の肩書きである
「牧師」
と言う単語はもう使うまいと決心した。
確かに人が仕事をする上で
「肩書き」も大切な要素なのは間違いない。
「肩書き」によって、
より広い働きをすることが出来る場合もあるし、
「肩書きが人を作る」というのも本当だと思う。


しかし、もう還暦ともなった男が
「肩書き」で仕事をしているようではダメだと思う。
「牧師」
としてではなく
「田崎敏明」
としてやるべき仕事があるのだっ!!


で、今回の「ろくまる」では
「牧師」という言葉は省くことを決心したのだ。


…し、したのだが…しかし、やっばりないと、
なんか私の場合、安定感なさ過ぎなので…
少しは「牧師」という言葉使っている…
なんじゃそりゃ(笑)
「訪問牧師」始めたばかりですし。