牧師・田崎 敏明のアホ徒然日記

初めて聞いた人にも分かるように、
日常用語で、聖書の話を伝える働 きをしている牧師です。
時折、アホなことも書いておりますが、
まっ気楽に読んでみてっ。
コメントも、もらえると嬉しいです!

教会の説教にまで「もっとああしろっ、こうしろっ」言われたくないよねっ。

日曜日の朝です。教会では礼拝会があります。
私は牧師なので説教をするが、
「もっと、ああしろっ、こうしろっ」
とは語らない。みんな、厳しい世の中で、
「もっと、ああしろっ、こうしろっ」
と言われ続けて、疲れているのだから。


私が過激派だった頃の写真!

これ39年前、21歳の時、過激派だった時の私の写真。
以前、たまたまネット上で見つけた時にはびっくりした。
誰だぁ流出させたのは!!


○○青年同盟、中央突撃隊だった頃。
(その頃の"隊長"は、
今は、ちゃっかり新城市の市長になってるし。
「暴力革命やろうぜっ」って言ってたのに…
日和やがって笑)


今はこの通り大人しい、ごく普通の牧師です。
プロレタリア革命で社会変革ではなく、
イエス・キリストの心で魂の変革めざしています。

前は、「愚痴、不平はこぼすなぁ!」と言っていた。今は「ここでこぼして行ったらいいよ」と言う。

私は以前は、


「不平は言うな、愚痴はこぼすな、
それが信仰者たるものの生きる道だっ!」


とずっと説教して来ましたた。
もちろん、それは「正論」でした。


しかし今は、
「ここではこぼしていいよ」
と言っている。
それが教会だと思う。
それがイエス・キリストのお心だと思う。
 
以前、
「不平言うな、愚痴こぼすなっ!」
と私から言われた人たちよ、ゴメンな。ほんとゴメンよ。


私の髪の毛が少ないのではない。皆の髪の毛が多過ぎるのだ。

私の髪の毛が少ないのではない。
皆の髪の毛が多過ぎるのだ。


人生は総じて言うと、
自己中ぐらいでちょうど良いのだ。


あんまり空気を読み過ぎると、
せっかくの人生を、だいなしにしてしまうぞっ。

近頃の若い奴らは…

最近の若い奴らは…若い奴らは
…凄いと思う。
 私らの世代にはなかなか出来ないことを、
いとも簡単にやってのけてしまう。


まだまだ若い奴らなんかに負けんぞっ。