お笑い牧師・田崎敏明Blog

アホな記事、真面目な記事、取り混ぜてお届け中。

ボブ・ディランは、ボブ・ディランさっ

「受賞するかって? もちろんさ」
(If I accept the prize? Of course.)」


ボブ・ディランが、
ノーベル賞受諾の意向を伝えたそうです。
当初、「受諾しないのでは…」という憶測も流れ、
「それがディランだっ」という意見も
たくさん流れました。


でもねぇ、時代は変わるのです。
ディランも、そりゃあ変わるのです。
もしかしたら、ディランは、
別に変わっていないのかもしれないし。
超変わり者ではあるけど、
いいおっちゃんなのかもしれない。。


吉田の拓郎ちゃんも、
「おれ、本当はアイドルになりたかったんだっ」
と、今は正直に言ってるし。それでいいのだ。
その拓郎はディランのことを、
「彼は心の奥に何かを強く持ってるんだけど、
それを生涯、人には明かさないんじゃないか」
と言っています。


「ガキじゃあるまいし、そんな物、いらないよっ」
と言っても、それがディランだし、
「もうガキじゃないから、ありがたくいただくよ」
と言っても、それがディランだし。
ディランが、「ノーベル賞は素晴らしい」
と言ったという報道もある。それが本心であろうと、
アレだろうと、それがディランだし…。
それでいいのだ。


人様のことを「こうでなくてはいけない」
「ああでなくてはいけない」と
勝手に決め付けるなよ。
ディランはなにがあろうと、ディランさ。


「♪はじめてあなたを聴いたのは
16,7の時だった
歌うというより吠えていた
深い悲しみの固まりが」
(「ありがとうディラン」by豊田勇造)


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



#ボブディラン

「♪きみは愛されるため生まれた」を歌い始めると、いつも教会から飛び出して行っていた女の子が…

私が一番書きたいことは、
あなたは、イエス様に愛されているということ。


以前教会で、「♪きみは愛されるため生まれた」
という賛美歌を毎週のように歌っていた頃のこと。
その賛美が始まると、
きまって教会から出て行く女の子がいました。
それでも…あえて、毎週歌い続けました。
…可愛そうかなぁと思いつつも…
…いつか必ず分かってくれると思いつつ…


彼女はそののち、
イエス様を信じて洗礼を受けました。
その時に彼女は、
「この歌を聞くのも歌うのも辛かった。
でも今は、この歌が、
神様と私との関係だと分かって
今では大好きな歌です」と書いていた…


「わたしの愛の中にとどまりなさい。」
(イエス・キリスト ヨハネの福音書15:9)


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

聖書を読む雀は、うちのチュン太ぐらいだろう(写真あり)

世界広しといえども、
聖書を読む雀は、うちのチュン太ぐらいだろう。


チュン太、聖書読んで、他の雀に伝道して来いっ!


「空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、
刈り入れもせず、倉に納めることもしません。
けれども、あなたがたの天の父(神様)が
これを養っていてくださるのです。」

(マタイ6:26)

★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


#すずめ 雀 スズメ

教会内のカップリングは、ハラハラドキドキ

以前、教会に集っていた男女の
結婚を取り持った時のこと。見ていて、
仲も良くて、なんか良い感じの2人でしたので、
それぞれにお話をしました。


彼の方は、「彼女が良ければ…」
ということでした。彼女の方は、
「少し考えさせてください」ということでした。


しばらくして、3者面談。
こちらも緊張しつつ、女性に
「…で、どう?」と聞くと、
彼女の口からは、
「やっぱし…」という言葉が出ました。


「えっ…」とその場が、少し暗い雰囲気に
包まれた次の瞬間、彼女はこう言いました。
「やっぱし……結婚します」


あの時の「やっぱし」は、
私の心に深く刻まれています。
ちょっと使い方間違っている気はするが…(笑)

(写真:市内のホテルでの司式)


「人が、ひとりでいるのは良くない。
わたしは彼のためにふさわしい助け手を造ろう。」
(創世記2:18)


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


明日、あさつて、伝道集会で説教してきます。そのために今、準備していることは…

明日(19日)、あさって(20日)、
伝道集会で3回の伝道メッセージをしてきます。


神学校卒業後25年間、
牧師として第一線でやり続けてきましたので、
「話をしなさい」と言われれば、
いかようにも話はできます。
決して威張っているわけではありません。
お医者さんが手術できても当たり前。
弁護士が、弁護できても当たり前。
牧師が伝道メッセージができても当たり前のことです。


ですから、そのために準備しているのは、説教内容よりも、
集会のための祈りです。説教のための祈りです。
とくに伝道集会に初めて来られる方に、
イエス様が話したいと思っておられることを、
私の口が語るように…と祈ります。
そして、その場に聖霊が豊かに臨んで、
一人でもイエス様を信じる方が起こされますよう…
と祈ります。
祈りという、準備をしています。


どうぞ、皆さんも明日、あさっての
伝道集会のためお祈りいただければ、
それほど嬉しいことはありません。


聖霊によるのでなければ、
だれも、「イエスは主です」と言うことはできません。
一コリント12:3


★もしよかったら、一日一クリックお願いいたします★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村