牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

自分を100点として人を見ると、人を裁いてしまう。

イエス・キリストは、
「人を裁いてはいけません」
と語られました。
裁くとはジャッジすること。
スポーツならば、適切なジャッジが必要ですが…。


イエス・キリストがジャッジしてはいけない、
そう語られた意味は、
自分のものさしで人を計ってはならない
…ということでしょう。


人のものさしはそれぞれ違います。
たとえば、
ある金持ちにとっては、10万円など、
ほんの紙切れでしかないかもしれません。
しかし、私にとっては大金です。
同じ10万円でも、人のものさしによって、
その見方が違うものです。


人はたいがい、
自分を100点として人をジャッジしがちです。
ですから、人をみな自分よりも下に見がちです。


聖書には、
「人を自分よりも優れた者と思いなさい」
とも書いてあります。
ですから、たとえば自分を50点として、
人を見るぐらいが、
ちょうど良いのではないでしょうか。


人を見下げる生き方ではなく、
下から人を見上げる生き方の方が
素晴らしいのです。
そんな生き方を心がけています。


さぁ、今日も
「さばいていいのは魚だけっ」
ですぞっ。


以上、30点牧師がお伝えしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。