牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

人は自分を守るために壁を作っている。それを無理やり壊そうとしない方が良い。

牧師として、いろんな方々と出会って来た。
そして言えるのは、
 面と向かって話してみれば、
みんないい奴だったということ。


悪態をつく子も、罵倒して来る人も、
その壁の向こうに隠れている
"本当の自分"を見てほしくて、
アピールして来ているのだ…
ということを、今は知っている。


人は、社会の中で、人間関係の中で、
 生きていくだけでも、とても大変だ。
 必要以上に"自分"が傷つかないために、
それぞれに自分の心の周りに、
 壁を作って生活している。
それは必要なことなのだ。


その壁のこちら側だけを見て、
その人を判断してはいけない。
 又、根掘り葉掘り聞いて、その壁を無理やり、
 壊そうとしてもいけない。


その壁の向こう側にいる、
"本当のその人" に向かって、
「おーい」と声をかけられたら、
 素敵だと思う。


イエス・キリストも、
「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。
だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、
わたしは、彼のところに入って、
彼とともに食事をし、
かれもわたしとともに食事をする」
と語られました。無理強いするのではなく、
まず外からそっと接してくださる方。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。