牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

人生は厳しい。「少年よ大志を抱け」のクラークも、その後、つまずき倒れた。

日本で多くのキリスト者を生み出したクラークは、
アメリカへの帰国前、
「少年よ大志を抱けっ」
と言ったといわれています。


しかしそのクラークは、アメリカ帰国後、
事業に失敗、失望します。
またその結果、裁判も起こされ苦労しています。
それが人生というものです。
 
「信仰」というものは、成功する秘訣でもなく、
いい性格になる秘訣でもなく、
明るくなれる秘訣でもなく、
いつも平安でいられる秘訣などではありません。


そうならなくても、
たとえ倒れたとしても、そこに髪が、
いや、神が共におられるという確信と安心感なのです。
安心して悩み、苦しみ、
もがくことが出来るのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。