牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

下の名前で生きる。

ある教授のところに
元教え子の女性から人生相談の電話が入りました。
教授は、
「おお、○○子ちゃんか、どうした?」
と相談に乗りましたが、
あまりうまく励ましてあげられなかったと
後悔されたそうです。


しかし、その後再会したその教え子は教授に、
「あの時、先生の言葉で救われました」
とお礼を言ったそうです。
教授が訳を聞くと、
「あの時、先生は私のこと○○子って、
苗字じゃなくて下の名前で呼んでくれたでしょう。
あれでもう全てのモヤモヤが吹き飛んだ」
と言ってくれたそうです。
 
彼女は、妻として母として、
いろいろと悩んでいました。しかし、
自分はその前に「○○子」なんだ。
「○○子でいいんだ」と思い直したら、
心がスッキリしたのだとか。

なんか分かりますよね。
 

私も59歳ではあるが、
今だ親戚からは「としあきちゃん」呼ばれる。
私も生涯「としあき」で生きよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。