牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

「親は黙っていてください。」

2,3年前のことだが、近くの小学校の学校通信に、
 『親は黙っていてください』
というタイトルの文章が載っていました。
それは、中学校の校長を務めた方の文章でした。


たとえば、子供と教師と親の3者面談。
 教師が子どもに質問して、
 子どもが考え込んで、答えられないと、
すぐに親が、
 「それは……よねぇ、○○ちゃん」
と口を挟む…。


時間がかかってもいいから、
ちゃんと子どもに考えさせ、
とゃんと自分で答えさせるようにしましょう…
と、その元校長は語っておられました。
 確かに! と思わされます。

聖書では、神様と私たち人間は、
 親と子の関係と説いています。
 神様は何でもできます。
 私たちのために、すぐに何でも出来る方です。
でも、子に対する愛のゆえに、
しばらく、あえて手を出さない時、
あえて黙っておられる時が
 あるのかもしれませんね。


しかし、それも「愛」ゆえなのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。