牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

試験に落ちたけど…そこにあった本当の神様からの恵み

もうずいぶん前になるのだけど、
教会に来ていたEは、
インドネシアからの留学生で、
 教会の近くの高専で学んでいました。
 日本に来て、まず日本語から勉強したのに、
 学校での成績は一番でした。
 性格もとても良い子でした。



そのEが、東京の国立大学への
編入試験を受けたのです。
それも推薦枠での受験でした。
 私は、彼は学力も優秀だし、
 性格もいいし、
その上推薦での受験ですから、
 合格間違いなし…と、私の頭の中では、
すでに彼の合格は、既成事実とさえなっていました。



しかし…
合格発表当日、別の生徒が私に、
 「先生、Eが落ちた…」
と電話して来たのでした。
 私はしばらく、本当に言葉が出ませんでした。



次の日、彼が住む寮に行きました。
Eはこう言いました。
 「先生、ボクは悲しいです」


しかし、彼はそれに続けてこう言ったのです。


「でも神様に感謝しています。
ボクは成績がいいので、
 他の日本人の学生を心の中でバカにしていました。
 試験に落ちて、そのことを反省しました。」


と。そして、彼は、2,3週間後の
 その同じ大学の一般の編入試験を受けました。
そして、なんと推薦で落ちていたのに、
 一般編入試験に見事に合格したのです!


神様は、その辛い経験を通しても、
Eにへりくだりの大切さを
教えてくださったんですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。