牧師・田崎 敏明の信仰徒然日記

アホな牧師の日記。
まっ気楽に読んでみてっ。

聖書の「いつも喜んでいなさい」の意味

聖書には、
 「いつも喜んでいなさい」
と書いてあります。


しかし、それは決して、
なんでもかんでも喜んでいなさいとか、
いつもニコニコしていなさいとか、
そういうことではない。

悲しいことが起こったら、

ちゃんと 悲しまなければいけない。
 
泣きたい時は、ちゃんと泣かないと、
癒しにつながらない。
苦しんでいる人がいたら、 一緒に悩んであげたい。


「いつも喜ぶ」とは、
 悲しみながらも、もだえ悩みながらも、
 心の奥底にある「喜び」のことなのだ。


苦しくや悲しみも多いこの人生だけど、
イエス・キリストがいつも共におられる。
そのことのゆえに、
いつも心の奥底で喜ぶことが出来るのだ。
ここに信仰の真骨頂がある!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。