お笑い牧師・田崎敏明Blog

アホな記事、真面目な記事、取り混ぜてお届け中。

田舎のキリスト教会のお話 2題

★もう30年ほど前のこと。当時神学生だった私は、
山奥に伝道に出かけました。
するとそこに一軒の教会がありました。
あまり手入れや清掃も行き届いていないような教会でした。
まだ若く高慢盛りだったその時の私は、
『ここの牧師はちゃんとやっているかっ』
などと不遜なことを思ったものです。
若気とはいえ、今考えると本当に恥ずかしい話です。
しかし、今はそのような山奥の集落で、
たとえ数人であっても、毎週日曜日に教会に集まって
礼拝が捧げられていることが、
どんなに神様の目に尊いことなのかを、
理解できるようになりました。


★数年前には、2年間ほど、日之影という、
やはり本当に山村にある教会で
日曜日礼拝会の説教奉仕に通わせていただきました。
その教会の牧師は、
その処で一途に70年以上も伝道されて来た
城尾マツという女性牧師(98才)です。


戦争中はクリスチャンということで
売国奴呼ばわりされ、婦人部の槍訓練の時には、
その的にもされたとか…。
「70年間やって来て、最近やっと村の人たちが、
教会のことを少し認めてくれるようになった…」
との言葉に、涙がこぼれました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。