お笑い牧師・田崎敏明ブログ

「訪問牧師」もやっています。病院、施設、家庭、無牧の教会での説教奉仕、お祈り、相談等々、お呼びいただければ、どこでもお伺いいたします。

許したはずなのに…つい思い出す時

過去2度ほど、信号で車を停止していた時に、
後から追突されたことがあります。
責任割合100対0の事故ですが、
私はこんな性格なので、
『まっ、相手も追突しようと思って
追突したのではないから…』
と、すぐに許し、事故処理に便宜さえ図ります


しかし、そのせいで、首の座りが悪くなり、
肩こりが激しく、それによって
時折ひどい頭痛にもなります。
そんな時は、つい事故の時のことを思い出して、
相手を許したはずなのに、
『あの時、あの人が追突して来なかったら、
こんなことには…』
と、ついムカッと来ることがあります。

 『神様、私は許しているようで、
心の底では許していないのですね…』
と祈った時に、イエス・キリストの
「7を70倍するまで許しなさい」
という言葉を思い出し、
『そうか、つい思い出してムカッとしたら、そ
の都度相手を許したらいいのか…』
と教えられました。


本当は一度っきりキッパリと許せたら、
それがベストですが…現実には、なかなかです。
しかし、つい思い出してムカッと来たら、
その都度その都度許す…
それで上等なのではないでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。