お笑い牧師・田崎敏明ブログ

「訪問牧師」もやっています。病院、施設、家庭、無牧の教会での説教奉仕、お祈り、相談等々、お呼びいただければ、どこでもお伺いいたします。

聖書の言の葉 その4「適当に依存し合って生きよう」

「ですから、私たちは互いに依存し合っており、
だれもがほかのすべての人を必要としているのです」
(ローマ人への手紙12:5 LB)

「依存症」という言葉も聞くようになりました。
何事も度が過ぎるといけません。
何かへの依存も度が過ぎるといけません。
しかし、何事でもそれが適当であれば、
それは人にとって有益となるものです。


人に対する依存もそうです。
人は一人では生きてはいけません。
誰かの手を借りて、時には誰かに手を貸して、
誰かに迷惑をかけて、
時には誰からか迷惑をかけられながら、
人は生きています。
「お互い様」なのです。


場合によっては、依存することを恥ずかしがらず、
必要な時には手を借りることです。
そして、誰かに手を貸せる時には、
喜んで手を貸すことです。
良き依存関係のある人間関係を形成しましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。