お笑い牧師・田崎敏明ブログ

「訪問牧師」もやっています。病院、施設、家庭、無牧の教会での説教奉仕、お祈り、相談等々、お呼びいただければ、どこでもお伺いいたします。

イースターとは?

今日4月1日は、キリスト教会の暦では、
イースター(復活祭)です。
 実はイースターの日は、その年によって違います。
春分の日の後の満月の日の直後の日曜日が
イースターと決められているのです。
今年は、今日4月1日なのです。
 
今から約2,000年ほど前、イエス・キリストは、
私たちの罪の罰の身代わりとして、
十字架にかかり死に、その3日後(日曜日)に
復活されたのです。そのことを記念するのが
イースターの日です。復活=命、ということで、
命を現す卵などがキャラクター的な存在ですね。


3日目に復活した、よみがえったというのは、
愚かなことだと思う方も多いと思います。
しかし、聖書を読んで行くと、神の力というものは、
私たちが愚かなことと思えることの中にこそ、
大きく働くのだということを知ります。
また弱い者、
小さい者と人から見られている人の上にこそ、
神の大きな恵みが注がれているということを知ります。
 
教会の牧師として立てられる者も、
実は取るに足りない者を、
神はあえて選んで立てられるのです。
キリスト教会史上最大の使徒であるパウロは、
「私は罪人のかしらです」と告白しています。


もしも威張っている牧師がいるなら、
もう一度聖書を読み返して欲しいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。