牧師 田崎敏明の、インターネット教会

還暦牧師のブログ。共に励まし合うためのインターネット教会です。

普段の言葉で聖書を語る

キリスト教会やクリスチャンの間だけで
頻繁に使用される、言うならば
"キリスト教専門用語"
というものも、実に沢山あります。
 
私は個人的に、
そういうキリスト教専門用語いっさいなしで、
この世の中で実際に使用されているごく普通の言葉で、
聖書の話をするように心がけています。


そのことを始めてからもう10数年経ちますので、
ずいぶんと普通の言葉で、
分かり易く語ることができるようになって来ました。
しかし、それでも刷り込まれたものって凄いですね。
今でもふと専門用語を使ってしまうことがあります。

たとえば
「イエス様が導いてくださる」
なども、よくよく考えたら「導く」という言葉も、
普通の生活の中で使うことは、ほとんどありませんね。
先週の礼拝会の中で皆といろいろと意見を出し合い、
「導く」は「案内」とするという
言葉等に代えることにしました。


またクリスチャンはよく
「人を祝福する」
という言い方をします。とても素敵な行為です。
でも「祝福する」と言う言葉も、
通常の生活では使用しません。
これも、今日の礼拝会の中で、
「人の幸せを祈る」
と言う言葉が妥当かなぁということになりました。


もちろん、そんなことは別にどうでもいう方は、
それで勿論いいのです。これは私の場合ですから。
 田崎敏明、修行の道は、まだまだ続く…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。